PMOサービス|BTCエージェント for コンサルタントについて

PMOサービス

サービスの特徴

BTCエージェント for コンサルタントに登録されたPMO(プロジェクト管理)希望されるフリーエンジニア・コンサルタントの方を、BTCエージェント for コンサルタントのクライアントであるコンサルティングファーム、大手SIer、ユーザー企業の情報システム部へ提供します。
大手コンサルファーム出身者がマッチングをしますのでミスマッチが少なく、また、BTCエージェント for コンサルタントが培った独自のルートにより、商流上優位な案件をご紹介することが可能です。

PMOとは

PMO(プロジェクト管理)とは、プロジェクト・マネジメント・オフィスの略であり、プロジェクトマネージャーの意思決定や業務を支援し、プロジェクト進行を円滑かつ 着実に行うために設置される、専門のサポート部隊のことです。
その役割と機能はそれぞれの組織によって大きく異なるのが実情であり、プロジェクト横断的な役割である進捗管理やリスクマネジメントなどのプロセスの標準化・導入や、一定の基準に基づいた各プロジェクトの監査といったものから、プロジェクトのサポートとしての役割となる組織間の調整や会議のファシリテーション、事務作業のサポートなど、幅広い業務が存在しています。

現在では、企業全般においてプロジェクト数が増加傾向にあり、各プロジェクトを成功に導くPMO(プロジェクト管理)の仕事もプロジェクト数と同様に増加傾向にあります。
技術の進歩に伴い、個々のプロジェクトに求められる技術レベルが上がってきているとともに、プロジェクトが大規模化することによってステークホルダーが増加傾向にあるため、プロジェクトの全体的な難易度も上昇傾向にあります。
そんな状況の中、もはやプロジェクトマネージャー個人の力でプロジェクトを成功に導くことは困難であり、プロジェクトを横断的に見る立場にあるPMOが、各プロジェクトを成功に導くミッションを担っていると言えます。

PMOのタイプ

PMOには様々な種類がありますが、大別して以下の2つに分けられます。

ユーザサイドPMO

ユーザサイドのPMO(プロジェクト管理)は、システムを発注する企業(ユーザ企業)の情報システム部門をサポートする業務です。
全社的なERPパッケージの導入といった大規模なシステムを導入する場合、コンサルティング会社がPMO業務を受注して、SIerによるシステム開発をマネジメントしているケースもあります。

■代表的なミッション
◆RFP作成
◆ベンダーコントロール
◆成果物レビュー
◆正当性評価(見積もり・期間)
◆内部統制コンサルティング


ベンダーサイドのPMO

システム開発を受注したコンサルティング会社やSIerなどの一員として、プロジェクトを円滑に進めるための業務です。
PMOの位置づけは、各IT企業によってさまざまであり、営業的な側面を持つ仕事からプロジェクト管理や第三者視点によるプロジェクトの監査など幅広い業務を請け負う可能性があります。

■代表的なミッション
◆クライアントマネジメント
◆プリセールス(営業)
◆プロジェクトマネジメント
◆プロジェクト監査

求める人材

◆大規模プロジェクトのマネジメント経験がある方
◆大規模プロジェクトでエンドユーザーとの折衝経験がある方
◆今はSE、PGだが、プロジェクトマネジメントのスキルを伸ばしたいとお考えの方

必要なスキル

◆強力なリーダーシップ
◆冷静で的確な判断
◆コミュニケーション能力
◆ネゴシエーション能力
◆適応力、柔軟性
◆目標達成のための強い意志
◆人の意見に耳を傾けることができる
◆相手の立場に立ち物事を考える広い視野を持つ
◆感情に左右されずに公平な倫理観を持つ
◆プレッシャーに強い
5秒で簡単登録
会員登録はこちら
検索 検索