フリーエンジニアからコンサルタントへステージアップ|事例紹介

フリーエンジニアからコンサルタントへステージアップ Aさんページ

■こちらは、フリーエンジニアからコンサルタントへステージアップAさんの例です。

独立開業した行動力と経験を糧に

私は大学卒業後、4年間小さなソフトハウスに勤め、Javaエンジニアとして様々な現場を経験してきましたが、
自身のキャリアアップと挑戦も兼ねて、正社員からフリーエンジニアへとキャリアチェンジしました。
20代後半にはフリーランスのJavaアーキテクトとしてWEB系・業務系問わずシステムの開発に携わってきました。
フリーエンジニアとして働き始めた当初は、自分の得意分野をうまく発揮することができ満足していたものの、
将来のことを考えるとスキル的に何か物足りなさを感じていたのが正直なところです。

30歳になった頃、今までのSEとしての経験を糧にITコンサルタントへの転身を決意し、
そういったポジションで仕事を探しておりました。
いくつか案件サイトに登録をしていた中、BTCエージェント for コンサルタントから大手コンサルファームでのPMO案件の紹介を受けました。
正直採用ハードルも高く「自分でいけるのか?」と思いましたが、システムに対する知識も併せて存分に自身をアピールしました。
参画の依頼をもらったときは、思わず声を出して喜びましたね。

現在もPMOメンバーの一人として従事しております。
アーキテクトとして仕事をしていた経験にプラスαして、一歩踏み込んだ提案をしています。
それがプロジェクトの成功に繋がれば、自分への成長・自信にも繋がりますからね。

現在もこれからも一歩踏み込んだ提案を行うことで、
今後どのような現場へ行っても活躍できるITコンサルタントを目指しています。
むしろ名の知れたITコンサルタントになりたいなんて考えてます。
5秒で簡単登録
会員登録はこちら
検索 検索